こんにちは。スミヨシ(@rskwork)です。

以前からYouTubeで登録者や再生数を稼ぐには、小手先のSEOでは意味がないと言ってきましたが、もちろん無駄というわけではなく、あまり効果がないだろうというお話で、SEO対策もやるに越したことはありません。そして2019年時点でのYouTubeのSEOはそこまで難しいものではありません。通常のGoogleのSEOは、何億とあるWEBページから選んでもらうのに対してYouTubeのコンテンツはそこまで多くなない状態です。

スミ
スミ
YouTubeのSEOも解説しちゃうぞ!

YouTubeのSEOで重要な事項

  • キーワード(通常のGoogleと同じ)
  • 動画のサイズ(クオリティ)
  • 動画の尺
  • コンテンツ

YouTubeSEOの基礎 : キーワード

現時点でキーワードはそこまで気にしなくてもいいと思いますが、なるべく検索されるようなキーワードを選びましょう。例えば、「東京」とかであれば、「東京 レストラン」とか「東京 観光」とかになるでしょう。もちろん競合も多い、少ないがあるので、なるべく超ビッグワード以外を選んでいきましょう。ビッグワードはここらへんになります。

キーワードに”_”を付加すると検索されやすいキーワードが出てきます。

キーワードをタイトルと動画説明、タグに入れましょう。関連する動画のリンクも動画説明に入れると関連動画として出るようになります。他人のでもいいと思いますので、リンクを貼っておきましょう。

補足ですが、タグは独自の誰も使ってない独自タグを作ってすべての自分の動画に入れておきましょう。誰も使ってないタグなので、自分の動画が関連動画に出てくるようになります。

YouTubeSEOの基礎 : 動画サイズ

動画サイズは、2019年時点では 1920 x 1080 が良いと思います。

YouTube側として考えるとわかりやすいのですが、YouTubeはユーザをとどめたいのです。ユーザは、画質が悪い動画をずっとみるのでしょうか?見ないですよね?きれいな画質の動画をみたいはずです。そんな動画がSEOとして上位に上がってきます。
プラス、フレームレートも60Pで撮影しましょう。

YouTube側では、動画サイズやフレームレートは自動で取得できるので、基準にある動画を上位に持ってくる傾向があります。

YouTubeSEOの基礎 : 動画の長さ

動画の長さも大切です。YouTube全体の動画の平均視聴時間は3分と言われていますが、これはほとんど音楽が3分前後という説もあります。

そして上記の話にも通じますが、YouTubeはユーザをとどめたいので、なるべく面白い動画でかつ、長く見せたいので、最低でも10分前後がいいかと思います。ちなみに10分を超えると広告が複数打てるようになるので、YouTuberなんかは10分以上の動画を作る傾向があるようです。

YouTubeSEOの基礎 : コンテンツ

なにはともあれ、いちばん重要なのはコンテンツ(動画自体)です。同じような動画はいらないですし、情報量が少ない動画もいらないです。
誰も作ってない&有用な動画が一番再生されます。

↓こちらはTVっぽく面白おかしく作った動画です。YouTube用にFitさせて作りました。

↓こちらは特に編集もしなかったのですが、有用な情報&YouTubeに似たような動画がなかったため未だ見られています。

30分近い動画で有用な動画
Japanese Interviewで一番になっている

我々の動画は「Japanese Interview」というキーワードで一番上になっています。なぜかというと、

  • 今までなかったコンテンツ
  • 30分近くで長い

この2点が効いているのだと思います。我々の動画で唯一(orz)真面目な教育動画で再生数が未だに伸びている動画になります。これはSEOで検索流入が90%近いです。おそらく今後もある程度ずっと再生されていくと思います。

以下の4点を意識してYouTubeのSEO対策をしていきましょう!

  • キーワード(通常のGoogleと同じ)
  • 動画のサイズ(クオリティ)
  • 動画の尺
  • コンテンツ

こちらもおすすめです