こんにちは。スミヨシ(@rskwork)です。

スミ
スミ
YouTubeで超飛び道具の24時間365日疑似ライブ放送しちゃいましょう!

大きく裏技として題しましたが、YouTubeで24時間ライブ放送をやる方法があります。今回はそちらの手順を紹介していきたいと思います。24時間ライブをするメリットやデメリットもあるかと思いますがそちらもあわせて紹介できればと思います。

YouTubeで24時間365日ライブ放送をする方法

基本的に今回お話するのは、疑似ライブです。もちろん気合というか、普通にで24時間365日ライブは可能ですよね。例えばスマホでYouTubeに配信すればいいわけですが、今回は擬似的にライブを手放しでやる方法になります。必要なものは以下になります。

  • OBS
  • 動画ファイル
  • パソコン
  • (もちろん)YouTubeアカウント
  • 電気代

OBSの使い方

YouTube側

https://obsproject.com/ja

OBSは動画配信、ライブ放送をやるためのソフトですので、上記からサクッとインストールしておきましょう。インストールが終わったらYouTubeからストリームキーを取得します。ここから取得できると思います。

こちらのライブストリーム>今すぐ配信 画面へきます。そして以下からストリームキーをゲットしてください。

こちらの表示をおすとストリームキーがゲットできます。

そしてOBS側の設定です。

こちらの設定を押下

配信から設定します。サービスは上記のようにYouTubeを選択。サーバはそのまま。そして先程取得したストリームキーをこちらに入力してOKを押下です。

こちらから+を押下してメディアソースを選択してください。

そうしたら、こういった画面が現れますので、こちらにローカルの動画ファイルを設定し、配信をスタートすれば、ライブ放送が始まります。各種、解像度等は別途設定してください(デフォルトでも問題ないと思います。)

ライブ放送が開始されました。

こういった感じでライブが放送されます。基本的にOBS側でループ再生していれば、永遠にライブになりますので、24時間365日疑似ライブ放送ができる仕組みというわけです。これがYouTube的に許されているのかは不明ですが、海外や日本の番もこの手法で擬似ライブをしています。ライブは基本的に、お知らせに届くため他の通常の動画より再生回数も高くなる傾向もあります。

24時間365日ライブのメリットは?

  • 再生回数が増える
  • 登録者が増える

ココらへんがあげられると思います。ユーザも最初はライブと思いますが、おそらく時間がたちこれはライブではないと気づくので、そこまでライブに拘る必要もありませんが、お知らせに届いたり、新しいユーザが獲得できたりとメリットはあるかと思います。

24時間365日ライブのデメリットは?

デメリットとしては、本当のライブではないので信頼性をかく可能性はあります。あとは電気代がかかるということだと思います。常にパソコンの電気が必要です。パソコンの電源が落ちてしまうと、ライブが止まってしまいます。ある程度電気代を気にする必要のない、会社などでやるのがいいかもしれません。ただ、サーバを運用しているわけではないので、電気代もそんな莫大になるようなことはないのかと思います。

まとめ

もちろん広告を貼ることもできるので、電気代をカバーできるだけの視聴数を獲得できるのであればやらない理由はないと思いますし、今後の再生を増やすための視聴者獲得としてもとても良い手段なのではないかと思います。動画市場が盛り上がっていますが、ライブは飛び道具として今後も注目される配信方法です。視聴者と生でコミュニケーションできますし、そのコミュニケーションによってエンゲージメントを高め、ファンをたくさん作りましょう!そして動画は視聴者コメントや視聴者とうまくコミュニケーションとることが最重要です!頑張っていきましょう!

こちらもおすすめです