こんにちは。スミヨシ(@rskwork)です。

スミ
スミ
仮想通貨は持ってるだけで上がっていた時代だったけど、持ってるんなら人に貸したほうがさらに儲かると思う

先日こんなツイートをしたのですが、僕は仮想通貨に少しお金を入れており、貯金で銀行に回すなら仮想通貨や株の方がいいと思ってます。(もちろん分散投資ということで貯金もしております。)その中で、仮想通貨の価値があがってやったー儲かったなんて時代も今は昔です。

仮想通貨にはレンディング(持っている通過を人に貸す)といった機能があり、それを実際に使って利子をもらってさらに儲けようというものです。

もちろん、人に貸している最中にその取引所がなくなったりしたら、その通過はもどってきません(正確にはその取引所に確認しましょう)そういうリスクもあるということを認識しましょう。リスクとリターンは常に表裏一体です。

貸仮想通貨は超お得な件

持っているだけで、価値は上がってさらに人に貸して利子をもらえるなんてかなりお得に聞こえますよね。実際お得だと思います。(リスクは上述の通り)そのリスクを払ってでもレンディングできるかというところですが、実際の私の経験で、例えば1ヶ月だけ貸してみて様子を見るのも全然ありなのではないでしょうか?1ヶ月なら今までの経験上いきなり暴落することもない(?)でしょうし、2019年4月時点ではある程度安定しているのでリスクも少ないと思って実際にやってみました。その結果が以下になります。

実際にCoinCheckで1ヶ月貸してみた結果

コインチェックでレンディングをして条件は以下になります。

  • 年率:2%
  • 30日貸
  • 貸したXRP:約7275XRP(約27万円)

結果としては、7287XRP担って戻ってきました。ですので、利益としては

7287-7275 = 12XRP(約500円)

500円儲かりました。持ってるだけで相場が変わって円換算でマイナスやプラスになるのに加えて、利子としてXRPが12増えたということです。銀行と同じで、長く預けると年利が高くなり、多く預けるとその分多く利益になります。

レンディングはやったほうがいい

ただ持っていてもリスクがある仮想通貨(w)なので、レンディングをしてもしなくてもというのが僕の意見ですので、少しで利益がでるのであればやったほうがいいんじゃないかなと思ってます。以前もやってましたが、以前のほうが、借りる人も多く活発に行われていた印象です。

常に貸すステータスに置いていて、2018年はやはり多くの方が借りてくれました。コインチェックだと今は月1回あるかないかくらいです。今後は仮想通貨ももう少し今よりは盛り上がってくると思っていますので、こちらのレンディングも増えていくと思われます。

2017年〜は海外のPoloniexという取引所でもやってました。そこでも活発にレンディングが行われており、貸す額にもよりますが、月に数万円くらい利益になってたこともありました。もちろん、相場が落ちれば円換算にしたときには、マイナスになることもありますが、BTCやXRPの絶対数という意味だとプラスになっていきました。銀行や貯金も同じ考えで、基本預ける=投資という考えで複利という考えがありますが、銀行は定期にしたところで年間で1円利益になるとかよくわからない状態なので、仮想通貨でなくても、株やインデックス投資などに回した方が良いのかなと思う次第です。

こちらもおすすめです

投資は自己責任でお願いします!