こんにちは。スミヨシ(@rskwork)です。

スミ
スミ
YouTubeの企業案件を獲得って何?

先日こんなツイートを見たので、この企業案件に関して解説していきたいと思います。

YouTubeの企業案件に関して

企業案件が規約違反?では全くありません。

あまり知られてないと思いますが、YouTubeだと企業案件というものがあり、企業がYouTuberに対してわかりやすく言うとCMをお願いするものです。
よく1再生1円みたいな話を聞くかと思いますが、この広告以外にもYouTuberは企業から直接案件をもらってその動画を本人が作り、配信することで企業からダイレクトにお金をもらっています。例えば・・・

この動画はサンリオでヒカキンとひまわりチャンネルの2人が遊ぶという動画ですが、おそらくサンリオからの企業案件で、サンリオのブランディング、集客につながっている案件です。
現時点で2000万回視聴されているので、2000万人にリーチできたことになりますw

肝心の相場ですが言われているのは登録者数x1.5とと言われております。ヒカキンとかだと1000万を超えてくると思います。

YouTubeにも広告代理店がいます

https://www.uuum.jp/

ただここで重要なのが代理店がいるということです。ヒカキンであればUUUMという会社に所属しており、ここが受注をしてヒカキンにお願いしているという流れになります。

UUUMが1000万で受注をし(おそらく)30%の300万円を手数料を抜き、ヒカキンが700万円を受け取るといった仕組みです。UUUMは売上(Grossといいます)が1000万円として計上できます!

YouTuberはいくら稼いでいるの?

一時期は、YouTuberの収益のほとんどは企業案件だ、なんて話もありましたが、最近ではそうでもないんではないかと思ってます。10分以上の動画であれば複数広告が入れられますし、単価も上がってるといった話も聞きます。
プラットフォームとしては長い時間滞在してもらいたいので、10分以上の動画に関しては、2個、3個、いくらでも通常の広告を挟むことができます。10分の動画で平均的な数は2個or3個でしょう。

HIKAKINであれば、毎日500万回以上の再生があり、一日50万円、広告を複数おけば、100万円以上になります。夢がある仕事ですねw

企業案件と通常の広告をあわせると、Hikakinだと、毎月5000万〜になるのではないかと思います。

プラットフォームを使っている以上はルールに従おう

ただ、YouTubeもきちんとプラットフォームとして対応をしてきており、上記のような「企業案件PR」をするときはきちんよユーザにわかるようにしてね、といった設定があったりします。こういうところを設定しないで、企業PRをしているとバンされる可能性もありますので注意が必要です。

まとめ

YouTuberは夢のある仕事だ!儲かる!という噂を聞きますが、実際は一握りだと思います。毎日動画を作り、継続し、改善した人だけが勝ち組になれます。私も会社で運営しているチャンネルも5万人になりましたが、1年以上かかりました。
すぐに稼げるということはまずないでしょうw
継続!改善!が最も重要です。これができれば、チャンネル登録者も増え、再生回数も増え、売上につながっていくと思います。

こちらもおすすめです