動画配信といえば、やはりYouTubeを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、YouTubeには限界があり、著作権の関係で流せないものも多々あるのが事実。
やはり映画やアニメなどを見たいとなったら有料動画配信サイトへの登録は不可欠になると思います。あなたにあった動画配信サイトを見つけましょう!

動画配信サイト5社を徹底比較!

まずは各種サイトの比較から

ひとまず、シェアトップ5を比較してみました。

サービス名AmazonプライムビデオHuludTVNetflixU-NEXT
月額料金500円933円500円800円~1800円1990円
作品数25000本以上5万本以上12万本以上非公開13万本以上
ダウンロード可能可能可能可能可能
同時再生同タイトル:2台別タイトル:3台××1~4台4台(同じ作品は×)
個別料金ありなし(全て見放題)ありなし(全て見放題)あり

アマゾンプライムビデオは元々月額400円でしたが、値上がりしてしまい500円となってしまいました。これにより値段でいえばdTVと同じになってしまったので、一番のストロングポイントが無くなってしまったように思えます。

しかし、アマゾンプライムの強みはアマゾンの当日配送(600円)お急ぎ便、日時指定(共に500円)が無料、さらにプライムミュージック、プライムリーディングなどが無料な点を考えると、500円でもアマゾンを使う人であれば十分元が取れるサービスと言えるでしょう。

あなたはどのタイプ?

まず、あなたが動画配信サービスに対し何を求め、どれだけ使用するか、どこにお得感を感じるかを把握すべきでしょう。まずは、先ほど挙げたアマゾンプライムは上記の通り。Hulu(フールー)の強みは、動画のクオリティが高い事でしょう。画質良し、見られる動画のラインナップが良いという点でしょう。dTVは会員数が日本最大級。
月額料金も500円と、最安値です。(ただし、税込みのアマゾンプライムに対し、dTVは外税ですので多少こっちの方が高い)Netflixは、オリジナルコンテンツが豊富で、ここでしか見られない動画があるので、強みは確実にそこですね。
U-NEXTの強みは作品数の多さでしょう。さて、それではなんとなくあなたの方針は決まったでしょうか?決まったならばいざスクロールしましょう!

決め手は安さ、リーズナブルさでしょう!という方

最安値で選ぶのなら一目瞭然でアマゾンプライムかdTVですね!アマゾンプライムは月額500円、dTVは540円。本当に最安値というならばアマゾンプライムでしょう。デメリットをあげると、二話目から有料というものが多い事。全て無料ではないジレンマですね。

dTVは12万本も動画があるのが強みですが、見たいと思える作品が少ないのも事実。そして画質はあまりよくないものも多いです。というのも、基本的にスマホで見る用のサービスなので、スマホでしか見ませんけど?という人には問題ないですね。ざっくり言うならば、docomoユーザーならdTVも良いかも。世間の評価でいくとアマゾンプライムのほうがハナ差で勝っているような感じです。

動画の数が多いほど良い!という方

単純なコンテンツ数ならば、U-NEXTdTVだとお思いでしょうが、この場合、実際に見られる作品数なんかを考えるとdTVとU-NEXTでは比較になりません。

U-NEXTのほうが断然多いです。しかし、一部有料コンテンツがあるので、見放題コンテンツだけで一番ストレスなく見られるオススメはHuluかなと思います。作品数も、見られるレパートリーも良いです。コスパもU-NEXTと比べると半額程度ですからね。

キレイな画質で見たい!という方

スマホで見ない場合、画質も非常に気になります。画質でいうと、Netflix、U-NEXT、アマゾンプライムが4K画質に対応しています。
その中でも、4K画質で見られるコンテンツが多いのがNetflixです。大型テレビでみても画質の乱れは感じられないレベルなので、やはり画質にこだわるのであれば、Netflixが一番おススメです。時点はU-NEXT。こちらも少しづつ4Kで見られるコンテンツは増えて行ってるようです。

まとめ

日本でのシェアトップ5を比較していきました。
いかがでしたでしょうか?あなたにピッタリの動画配信サイトはわかりましたか?ちなみに、全てのサービスで無料お試しの期間があるので、まずは全部試してみるというのも一つの手だと思います。
まあ、それは間違いなく面倒くさいし解約も非常に手間なので、こちらの記事が少しでも比較の手伝いになり、ある程度絞られてくれていたら嬉しいです。それでは!

こちらもおすすめです