あなたの趣味はなんですか?

わたしの趣味は読書です。
自分の人生で送れなかった物語を私も一緒に送ることができるからです。
その中でも少女漫画が好きです。
そんな私がこれは読んでほしいと思う作品があります。
別冊フレンドに掲載中の少女漫画「高嶺の蘭さん」です。
今回はこの「高嶺の蘭さん」の良さを紹介していきます。
「高嶺の蘭さん」を知って、あなたも「高嶺の蘭さん」ワールドにはまってください。

おすすめの少女漫画「高嶺の蘭さん」ってどんな話?

「高嶺の蘭さん」の作者餡蜜さんはBFセミナーブロンズ賞を受賞した作家さんで、他に「カンナとでっち」という漫画も出しています。そんな餡蜜さんが描く「高嶺の蘭さん」はピュアな心の持ち主高嶺蘭が主人公の青春ラブストーリー漫画です。

簡単なあらすじを紹介します。

晴嵐高校に通う高嶺蘭は学校の高嶺の花的な存在。
そんな蘭が花の水やりをしていると、水が歩いていた男の子に当たってしまいます。
その男の子は同じクラスの佐伯晃でした。
晃は眠気がふっとんだと言い、笑顔で去っていきます。
クラスの人気者でイケメン男子である晃。
そんな蘭と晃は花が好きという共通点がありました。
一緒に出掛けたり、花の話をしたりして、だんだんと、距離が近くなる二人。
ピュアな高嶺の花女子とイケメン花好き男子のラブストーリーです。

少女漫画「高嶺の蘭さん」をおすすめしたい理由は?

あらすじで少しは「高嶺の蘭さん」のことがわかっていただけたでしょうか?
それだけでは「高嶺の蘭さん」の良さがわからないという人のために、私が「高嶺の蘭さん」をおすすめしたいポイントを紹介します。

これを読んで、もっと「高嶺の蘭さん」を知ってください。

①花言葉を使った想いの伝え方

この「高嶺の蘭さん」では花言葉がたくさん使われています。
主に晃が蘭に花をプレゼントする時に花言葉が登場します。
1話で登場するライラックには【友情・思い出】という花言葉があります。
晃のもっと蘭と友達になりたい、そんな気持ちが込められていそうですね。ほかにも色々な花言葉が登場しますので、花言葉を覚えるのもいいかもしれませんね。

②蘭の心の変化

主人公である蘭は高嶺の花と呼ばれ、あまり周りと関われないでいます。
しかし、晃と一緒にいるうちに蘭の心情はどんどん変わっていきます。
今まで経験したことのない『恋心』もだんだんと知っていきます。
蘭の心の変化にも期待して読みましょう。

おすすめしたい少女漫画「高嶺の蘭さん」のレビューを見てみよう!

「高嶺の蘭さん」のおすすめポイントはわかっていただけたと思いますが、私の意見だけだと物足りない、という人のために他の人のレビューを見てみましょう。

ピュアラブストーリー。可愛い。高嶺さんのキャラクター、佐伯くんの設定(花屋、モテそう)等々、ありがちではありますが、好きなタイプのお話でした。絵が綺麗で、見やすかったです。カスミソウのお話や、ひまわりのお話、花にまつわるエピソードが、心温まりました。
読書メーターより

参照元https://bookmeter.com/books/12348831

「高嶺の蘭さん」は花についてのエピソードがほんと多いです。
そのエピソードに心が温まるというレビューでした。

Twitterより

蘭のピュアさに浄化されるという人もいるようですね。

  • 高嶺の蘭さんやばない?笑
  • めちゃくちゃおもろいんやけど笑
  • いやー、俺も高校時代にこんな青春したかったー!笑

Twitterより

高校時代を思い出し、蘭たちのような青春したかったと思う人もいるのですね。
確かに、こんな高校時代を送れたら楽しいでしょうね。色んなレビューを集めました。

心温まったり、心が浄化されたりと皆さんの癒しになっている「高嶺の蘭さん」ですね。また、私自身も思いますが、こんな青春を送りたかったと思う人もいるようですね。

【まとめ】今おすすめしたい少女漫画は「高嶺の蘭さん」!

「高嶺の蘭さん」を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
「高嶺の蘭さん」の主人公蘭のピュアな心に癒されるでしょう。
また、花言葉もたくさん知っていけます。
毎回知ることができる花言葉で晃の気持ちもわかることで、面白さが倍にも3倍にもなるでしょう。皆さんのレビューを見ても、高評価がとても多かったです。
癒しになる人や憧れを持つ人もいるほど「高嶺の蘭さん」は面白いです。
現在「高嶺の蘭さん」は5巻まで発売されています。
この先も蘭や晃、そして他のキャラクターたちで「高嶺の蘭さん」が華やかになっていくでしょう。是非蘭のピュアさや花言葉などを楽しみながら「高嶺の蘭さん」を読んで、「高嶺の蘭さん」を読むことを趣味にしてしまいましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめ記事