趣味以上にしたい人 英語学習のツールとして英会話について説明 オンラインに絞って紹介する

英語学習を続けているけど、あくまでまだ趣味の範囲でしかない。もっとレベルを上げたいが、どう実践したらいいのかわからないというかたはいませんか?

英語学習はインプットするだけでは、全く成長はありません。実際に英語を使用して、アウトプットをすることで、より一層の定着を狙うことができます。ですが、英会話教室は費用が高いですよね。

一方、オンライン英会話であれば費用も安く、アウトプットの機会も多く確保できます。

そこで今回は、オンライン英会話サービスの中でも5つに絞って、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

この記事を見れば、オンライン英会話サービス探しに困ることはありません。

レアジョブ

https://www.rarejob.com/

言わずと知れた大手のオンライン英会話です。講師はフィリピン人のみとなっています。

1日25分のプラン料金は約6,200円となっています。

メリット:安定感は抜群

2007年からサービスを開始しているレアジョブ。オンライン英会話サービスの中でも最大手となるため、利用者数も大変多いです。

特にカウンセリングのサービスは高いです。月額980円が必要にはなりますが、カウンセラーが徹底的にサポートしてくれるので、モチベーションを保つことに繋がります。

身の回りにも受講している人がいれば、そこから口コミも聞くことが可能でしょう。

デメリット:講師の質がバラバラ

多数のフィリピン人講師が在籍していますが、授業の質には差があります。

本当に教えることがうまい人もいれば、少し物足りないと感じる講師もいるでしょう。

ただ、人気の講師は予約の段階で埋まってしまうので、1週間ほど前から予約をしておかないと、受講は難しくなります。

「量よりも質」を求める人であれば、デメリットになります

ビズメイツ

https://www.bizmates.jp/

ビジネスに特化したオンライン英会話です。1日25分のプラン料金は約12,000円です。

メリット:ビジネス英会話に強い

「ベルリッツ」というビジネス英会話スクール出身経営者が立ち上げたサービスであるため、ビジネス英会話に特化しています。

講師は全員フィリピン人で、ビジネス経験がある人のみ採用というこだわり。

またレッスンも種類が3種類あり、一般的な内容に沿ったもの・特定の分野に特化したもの・生徒の要望を受け入れておこなうもの の3つです。

目的に応じてレッスンを選べるので、目的意識を強く持って取り組めるでしょう。

デメリット:費用が少し高め

1日25分のプランでも、月額費用は12,000円となります。これはオンライン英会話サービスの中でも高めの金額となります。

それだけサービスに自信を持っていることの裏返しではありますが、安さを重視したい人にはおすすめできません。

ビジネスで英語を使う必要性が薄い人であれば、なおさらデメリットになるでしょう。

EF English live

https://englishlive.ef.com/ja-jp/

ネイティブ講師とレッスンをすることができるオンライン英会話です。

月に30回のグループレッスンと、月に4回の個人レッスンを含めて、料金は約6,900円です。

メリット:ネイティブ講師とのレッスンが可能

EFはほとんどの講師がネイティブの講師です。オンライン英会話はフィリピン人講師が多いですが、その点で一線を画しています。

月額料金もレアジョブと比較すると、約700円ほどの差でネイティブ講師のレッスンが受けられるわけです。ネイティブ講師の下でレッスンを受けたいという人にはおすすめです。

デメリット:グループレッスンはイマイチ

グループレッスンは先生1人に対して生徒が3〜6人程になります。ですので、他の生徒の話を聞くことが多くなってしまいます。

また接続が不安定になることもあり、その度に少し中断となってしまい、ストレスになります。

毎日確実に25分話す機会がほしい人であれば、デメリットになるでしょう。

DMM 英会話

https://eikaiwa.dmm.com/

DMMが運営しているオンライン英会話です。

1日25分のプラン料金は約5,500円です。

メリット:安さではトップクラス

料金面では、最安値といえるレベルで安い点がメリットです。講師はフィリピン人やセルビア人など様々で、国籍豊かな講師と会話をすることができます。

1レッスン約170円程度でレッスンが受けられるのはDMMぐらいでしょう。

デメリット:予約が取りにくい

安さから利用者数も増加しているDMM英会話ですが、その分レッスンの予約が取りにくいです。

特にレベルが高く人気の講師は、1週間先もすぐに埋まってしまいます。お気に入りの講師を見つけて、繰り返しその人の授業を受けたい人であれば、デメリットになるでしょう。

Best teacher

https://www.best-teacher-inc.com/

スピーキング以外にも重点を置いている、少し変わったオンライン英会話です。

1ヶ月間でのレッスン制限はなく、料金は約12,000円です。

メリット:スピーキング以外にも重点を置いている

最大の特徴は、ライティングにも力を入れていることです。文章を書けなければ話すことはできないと考えているため、まずライティングの課題から取り組みます。

何回か添削をしてもらい、完成した文章をスピーキングで実践する流れにより、より強固な定着を目的としています。

デメリット:ライティングの添削が遅い可能性もある

ライティングの添削が終わらないと、スピーキングに取り組めない点がデメリットです。もし添削が遅い場合だと、スピーキングに取り組むまで3〜4日かかってしまうので、1週間に2回程度しか取り組めない可能性があります。

なんでもいいから、とりあえず話す機会がほしい方には、デメリットとなるでしょう。

まとめ

今回はオンライン英会話サービスについて、メリット・デメリットを中心にお伝えしてきました。

料金の安さで選ぶこともできば、学習できる内容や質で選ぶこともできます。またほとんどのサービスでは、無料体験が可能となっています。まず体験で雰囲気を掴み、継続するかどうか判断するのもおすすめです。

自分にあったものを選んで、趣味以上のレベルに英語力を上げていきましょう。

おすすめ記事