そろそろ英語を勉強しないといけないのかな?このように感じている人は多いのではないでしょうか?現在はグローバル化が進み、日本に住んでいても英語の常用性や必要性を感じている人は多いです。しかし英語の勉強は難しそうで、なかなか始められないのが現状です。そんなことで悩んでいる人には映画を見ながら英語を勉強するのをオススメします。

海外映画を見ながら英語を勉強したい人におすすめの映画5選!

英語を映画で勉強するメリットとは?

英語を映画で勉強する最も大きなメリットは、楽しみながら勉強ができるということです。英語を勉強しなければいけないと思っていると、実際に勉強を始めるのは困難になります。しかし、映画を見ながらだと、遊び感覚で英語の勉強に取り組むことができるので、どんどんと楽しく勉強を進めていくことができます。

もう一つのメリットはリスニング力が身に付くということです。ほとんどの人は英語を文法書や問題集で勉強します。しかし、それではリスニング力を身に付けることができません。リスニング力は英語でコミュニケーションをとるにおいて基本中の基本なので、何らかの方法で確実に身につけることが大切です。そうしなければ、英語文法を完璧に身につけても実際に活用することができないままです。

英語を映画で勉強するデメリット

英語を映画で勉強するデメリットは初心者には難しいという点です。単語が一つもわからず、文章の構成がわからない人は突然英語で映画を見ても何が何かをわからなくなってしまいます。そのような状況だと英語力をみにつけるのはとても困難なので、時間を無駄に過ごしてしまうことになるかもしれません。そうならないために、映画で英語の勉強を始める前に、基本の単語と文法をみにつけておくことをオススメします。そのようにすることで、文の意味を理解するのに力を入れる必要がないので、リスニングに集中することができます。

○○をしないと映画で英語力は伸びない?

映画の意味が全く分からないまま、セリフを聞き流しても全く意味がありません。そのままでは、英語力は伸びません。映画を見て英語力を伸ばしたい人は必ずメモを取るようにしてください。わからないフレーズや単語があればメモに書き留めて、あとで調べるようにしてください。そのようにすることで、どんどんと新しい知識が身に付いていきます。

また、初心者で、何を言っているかが全くわからない場合は日本語字幕をつけて映画を観ることがオススメです。しかし、ぼんやりと字幕を読みながら映画鑑賞をするのではなく、日本語の意味と英語の意味を照らし合わせながら見るようにしてください。

英語を勉強するのにおすすめの映画5選

ここでは、英語を勉強するのにオススメの映画を5本紹介します。初めて英語を映画で勉強したい場合、馴染みのある簡単な映画から見ていくことがオススメです。内容があまりにもコンプレックスな映画は初心者が見るには難しすぎるかもしれません。また、映画には言葉遣いの悪い映画などもあるので、映画で聞いたフレーズを実際に使いたい人は注意が必要です。

ライオン・キング

ライオン・キングはディズニーが生み出した名作です。見たことのない人はほとんどいないのではないでしょうか?ライオン・キングはアフリカに舞台をおき、ライオンのシンバについての物語です。ライオン・キングは世界中で大ヒットし、続編だけに限らず、リメイクバージョンもあります。

ライオン・キングは話すスピードがゆっくりとしており、初心者にも聞き取りやすいです。さらに、ストーリーはわかりやすく、誰でも楽しむことができるのが魅力です。

ハンガーゲーム

ハンガーゲームは独裁国家「パネム」に舞台をおいた映画です。パネムの都市では年に1回、十数人の子供たちを死まで戦わせる「ハンガーゲーム」が行われていました。しかし、キャットネス・エバディーンという少女がハンガーゲームの出場者として選ばれ、全てが狂い始めます。

ハンガーゲームは、はっきりとした発音であるため、英語を勉強中の日本人にも聞き取りやすいのが特徴です。また、映画のストーリーがコンプレックスであるにも関わらず、映画の中では簡潔に説明されています。初心者が見るのは少し難しいかもしれませんが、力試しをしたい人にオススメの映画です。

フォレストガンプ

フォレスト・ガンプはある男の半人生を描く物語です。主人公のフォレストは知的障害がありますが、偶然の重なりで様々なことを成し遂げます。また、フォレストはアメリカの歴史に置ける重要イベントのほとんどに立ち会っており、アメリカの歴史についても少し学ぶことができます。

フォレストは知的障害があるため、ゆっくりと話し、非常に聞き取りやすいのが特徴です。また、簡単な単語だけが使用されているため、ボキャブラリーの小さい初心者にも理解しやすい映画です。

ハリーポッター

ハリーポッターの魔法の世界に魅了され、ハマっているファンは世界中にたくさんいます。ハリーポッターは魔法使いになるために、ホグワーツに通う男の子の物語です。主人公のハリーとその仲間たちはたくさんの試練に立ち向かい、絆を深めていきます。

ハリーポッターは発音がしっかりしており、造語以外は難しい単語も使用されていません。そのため、見たことのない人でも内容を楽しむことができます。また、ハリーポッタで英語を勉強するための教材はたくさんあるので、興味がある人は英語で本を読むのにチャレンジするのもオススメです。

魔女の宅急便

ジブリスタジオの魔女の宅急便は日本で大人気のアニメーション作品です。主人公のキキは一人前の魔女になるために家を出て、修行に取り組みます。ほのぼのとした映画で、誰もが楽しむことができます。

魔女の宅急便はもともと日本語で制作された映画です。しかし、あえて英語で見ることで新しい発見があるかもしれません。また、魔女の宅急便の物語は日本人なら誰もが馴染みがあるのではないでしょうか?そのため、英語が全て理解できていなくても、内容を把握することができます。

英語勉強の映画を選ぶコツ

英語を映画で勉強するのは楽しいですが、効率よく力をつけていくには自分に合ったレベルの映画を選ぶ必要があります。英語の勉強を始めたばかりの初心者は、内容が大体把握できている、馴染みのある映画を選ぶのがオススメです。

また、英語の知識はあるが、英語で映画を観られる自信がない人にはディズニーやジブリ作品など、子供が見ることを前提に制作されている映画を選ぶと良いでしょう。子供が視聴することを意識して作られた映画は聞き取りやすいだけではなく、悪い言葉も使用されていないのが魅力です。

また、英語のリスニングにも慣れており、さらに高いレベルを目指したい人は見たことのない映画を字幕なしで見るのがオススメです。サスペンス系の映画はどんどんと内容が進み、英語のリスニング力を試すのにオススメの映画です。

しかし、英語を映画で勉強するのは楽しむためであることを忘れてはいけません。最も大切なのは自分が好きな映画を選ぶということです。自分が好きな映画だと、英語を勉強したいという意欲は高まります。そのため、効率よく英語を勉強することが可能になります。

まとめ

英語を映画で勉強するポイントを少しは理解してもらうことができたでしょうか?映画を見ながら勉強をすると、何よりも楽しく勉強できるのが魅力です。また、「理解したい」という気持ちが芽生えるため、無理なくモチベーションも上がります。好きな映画を見ながらの英語学習にチャレンジしてみてください。

おすすめ記事