漫画の人気が高まってくると、さまざまなメディアミックスによるコンテンツが生まれていきます。代表的なのは「アニメ化」や「実写化」などがありますが、さらには「ゲーム化」なんて派生の仕方もあります。コンテンツを受動的に見るのとは異なり、キャラクターを操作したり、ゲームの世界観の中で自由なプレイができるので、原作とはまた異なった面白さがあるでしょう。

今回はゲーム化されたことがある漫画作品を紹介していきます。据え置き型のゲームやアプリゲームなど、人気の高いコンテンツを紹介していくので、その作品が好きな方はぜひプレイしてみてください。 

ゲーム化(アプリ化)されたおすすめ漫画作品5選

「遊戯王」

トレーディングカードゲームを題材にした人気漫画「遊戯王」。作中に登場したカードが実際に販売されて、読者自身がカードゲームをプレイできるなど、長年愛されてきました。そんな「遊戯王」からリリースされたアプリゲームが「遊戯王デュエルリンクス」です。

こちらでは、アプリゲームの中で、遊戯王をプレイできるというファンにはたまらないゲームとなっています。

対戦中の演出も本格的で、奥深いデッキ構築やオンライン上での対戦バトルなどが楽しめます。

「遊戯王デュエルリンクス」

遊戯王 デュエルリンクス
遊戯王 デュエルリンクス
開発元:KONAMI
無料
posted withアプリーチ

「進撃の巨人」

諫山創による大ヒット漫画「進撃の巨人」。アニメ化や実写映画化、小説、スポンオフ作品、演劇までにもメディアミックスを行ってきたドル箱コンテンツでもあります。そんな「進撃の巨人」ですが、これまで数多くのゲーム作品がリリースされています。

「進撃の巨人」関連のゲーム作品

・モバイルゲーム

「進撃の巨人」Mobage 2012年

「進撃の巨人 反撃の翼」Mobage 2013年

「進撃の巨人 自由への咆哮」Mobage 2014年

「進撃の巨人 TACTICS」DeNA 2018年

・コンシューマーゲーム

「進撃の巨人 人類最後の翼」 ニンテンドー3DS 2013年

「進撃の巨人」PS4、PS3、PSvita 2016年

「進撃の巨人 死地からの脱出」ニンテンドー3DS 2017年

「進撃の巨人2 未来の座標」ニンテンドー3DS 2017年

「進撃の巨人2」PS4、PSvita、Nintendo Switch、PC(STEAM) 2018年

アプリからコンシューマーゲームまで、人気が衰えないキラーコンテンツでもありますね。特に、PS4版のゲームでは、立体機動装置を操作しながら巨人と戦うリアルな演出が楽しめます。そして、2019年には「進撃の巨人2 Final Battle」のリリースも予定されており、勢いはまだまだとどまることを知りません。

「進撃の巨人 TACTICS

「銀魂」

週刊少年ジャンプで長年愛され続けてきた「銀魂」。最近では、完結するのか、しないのかに注目が集まっていますが、こちらの作品でもゲーム化が積極的に行われています。

最新作で話題を集めたのが、PS4、PSvita専用の「銀魂乱舞」です。これは簡単に言えば、戦国無双の銀魂版といえます。銀魂に登場するキャラクターたちを操作して、敵を倒していくのですが、各キャラクターが使用する技も、キャラの個性を反映してものや、銀魂らしいおふざけが含まれたものなど、さまざまです。特に坂田銀時がかめはめ波を打つのは注目です。

「銀魂乱舞」Amazon

「グラップラー刃牙」

大人気格闘漫画「グラップラー刃牙」。主人公の範馬刃牙をはじめとするさまざまな格闘のルーツを持ったキャラクターたちが地上最強の座をかけて戦いを繰り広げるという作品です。こちらの作品でもゲーム化が行われており、だいぶ前になりますが、2000年にはPS2ソフトで、「グラップラー刃牙 バキ最強列伝」というゲームが販売され、刃牙版の2D型対戦格闘ゲームとして話題になりました。

最近では、アプリゲーム「グラップラー刃牙 アルティメットチャンピオンシップ」がリリースされ、こちらも作品に登場する人気キャラクターたちを育成しながら、戦いを繰り広げるというファンにはたまらないコンテンツでしたが、残念ながら2019年3月サービスが終了してしまいました。

「グラップラー刃牙 バキ最強列伝」Amazon

「はたらく細胞」

体内の細胞などを擬人化し、それぞれが懸命に”はたらく”姿を描いた作品「はたらく細胞」。昨年夏にアニメ化され、面白い上に、勉強にもなると話題を集めました。そんな「はたらく細胞」ですが、待ちに待ったアプリゲーム化が決定したようです。まだリリース前ではあるのですが、サイト上では事前登録の募集が行われており、豪華な特典が用意されています。ファン必見のアプリゲームでもあるので、木になる方は事前登録をしてみてください。

「いつでも はたらく細胞」

まとめ

最近では、人気になれば、すぐにメディアミックスの話が持ち上がることが多く、漫画原作のゲームも数多くリリースされています。その作品が好きな人であれば、原作とはまた違った面白さを感じるでしょう。アニメや映画など、さまざまな展開がありますが、ゲーム化にも注目してみてください。

おすすめ記事