こんにちは。スミヨシ(@rskwork)です。

通常のポストやIGTVについて、記事にしてきました。その他に主要な機能としてライブストーリーズがあります。これらを使うとどんなメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

スミ
スミ
色んな機能あるけどライブとストーリーってどうなの?

【ライブ・ストーリーズ編】インスタフォローワーを増やす方法を解説します

インスタグラムのライブとは

24時間語には消えます

インスタグラムではライブ機能があって気軽にスマホからライブを行うことができます。みなさんも一度は見たことがあると思います。ライブをすることによって得られるメリットは、顧客満足度だと思います。ライブをすることによってフォローワーが増えることはありません。既存のフォローワーに対して、ライブもやるし引き続き応援してね、といった意味あいが強く、そこでコミュニケーションを図り、顧客満足度を上げる施策だと筆者は思ってます。

なので、毎日ライブはやる必要ないと思いますし、1ヶ月に1度位気が向いたらやるくらいの感じで問題ないのかと思います。

そして、このライブは24時間のみ見返すことができますので、気軽にできるのが特徴です。
(ユーザが少ないときはあまりやらないほうがいいと思います。ライブで1人だけ入ってしまったときは少し気まずくなったりしますし)

インスタグラムのストーリーズとは

ストーリーとは、ライブに似た機能で投稿よりカジュアルに縦画面のコンテンツを投稿できます。こちらも24時間で消えるので、きれいな写真とか編集した写真を上げる必要がないです。ここでできることは、主に2つあります。

  • リンクがはれる
  • 他アカウントをタグ付けできる

です。外部のリンクは基本的に貼れないのですが、このストーリーだけは貼ることができます。ただ内部のブラウザなので、LP(ランディングページ)や広告くらいにしか使えないのが現状です。例えば、YouTubeのアカウント登録を促そうとしても、内部ブラウザなので、ログアウトした状態ですので、この内部ブラウザ上でのアカウント登録などはかなりハードルが高いです。

ただリンクのクリック数は

1年前

  • フォロワー:10万
  • 24時間でのリーチ:2万
  • リンククリック数:500〜1000
  • クリック率:2%〜5%

であったのに対して現在は

現在

  • フォロワー:15万
  • 24時間でのリーチ:5000
  • リンククリック数:100以下
  • クリック率:2%

という残念なKPIになっており、以下にストーリーが混雑し始めているかがわかります。UIのデザイン上、当然な結果です。

他アカウントをタグ付けできる

これは結構最近見る手法なのですが、他アカウントをタグ付けするとその他アカウントのフォローワーを増やすことができます。「私もタグ付けするので、あなたもしてね」といった感じでやるとお互いのフォローワーを増やす施策になります。我々は現時点で18万フォローワーがいるのでDMで結構お誘いが来ます。

似たようなアカウントを探してDMを送ってみると案外皆さんのってくれます♫

まとめ

  • ライブは顧客満足度以外にフォローワーを増やす施策ではない
  • ストーリーズを使って他のアカウントとコラボしてフォローワー増やそう!

シナジーがあるアカウント同士だと1回で数百人のフォローワーを獲得することもできると思うので、コラボできそうなアカウントを作ると良いと思います。

引き続き、インスタグラムの運営を頑張っていきましょう!