英語の勉強法を説く教材はいつくもあり、様々な勉強法の中から自分に合った勉強法を選ぶことができます。しかし、多くの教材は「したほうがいいこと」に重点を置き、「しないほうがいいこと」は忘れられがちです。ここでは英語の勉強で避けるべき5つのことを紹介します。

英語を勉強する時にしてはいけない5つのこと。

英語の正しい勉強法ってあるの?

全ての人に当てはまる1つの勉強法はありません。英語の勉強を効率よく進めるには、自分に合った勉強法を探すのがポイントです。自分にあった勉強法こそが正しい勉強法であり、それを探すのに重点を置くことが大切です。また、自分がそもそもなぜ英語勉強しているのかを頭に置き、それに合わせて勉強法を調整する必要があります。

英語を勉強する時に避けるべき5つのこととは?

英語の勉強法がたくさんあるのと同時に、避けるべき勉強法もいくつかあります。効率よく英語の勉強を進めていくために、力を伸ばす助けにならない癖をつけないように心がけてください。

1.完璧を求めすぎること

英語の勉強において細部まで調べ、丁寧に勉強することは大切です。しかし、完璧を求めすぎると逆に英語の勉強の妨げになってしまう恐れがあります。全てを完璧に理解しようとすると、初心者には逆に分かりにくくなってしまうかもしれません。また、勉強もなかなか進まず、諦めてしまう原因にもなってしまいます。

一度で全てを身につけようとせず、始めのうちは基本をしっかりと身につけることに集中することがポイントです。

2.日本語の意味を書くこと

これは英語を勉強する人のほとんどがしていることだと思います。しかし、日本語の意味を英語のすぐ近くに書いてしまうと、日本語だけを見て、英語を見なくなってしまう恐れがあります。そのため、英語と日本語の意味が結びつかず、勉強になりません。

わからない単語や文章の日本語訳を書く場合は、別のノートや単語帳に書くことがオススメです。または、赤ペンとカラーシートなどを使用し、すぐに日本語が見えないようにすることもできます。

3.決まった時間だけ勉強をすること

毎日○時間は必ず勉強する。英語を勉強し始める人は必ずこのような目標を立てると思います。しかし、英語の勉強において大切なのは勉強をする時間よりも、勉強の質です。いくら長時間にかけて勉強をしても、しっかりと考えないと力にはなりません。

英語の勉強をする時間ではなく、勉強する量を目標とするように心がけてください。例えば、「単語を毎日15個は暗記する」「今日は必ず関係代名詞をマスターする」という目標です。このように目標を立てることで、勉強の計画も立てやすくなり、スムーズに英語を勉強できるようになります。

4.読み書きの練習をひたすらすること

日本の教育で大きく問題視されているのは、読み書きの勉強やテストが中心であるということです。いくら読み書きの練習をしても、英語が流暢に話せるようになるわけではありません。英語が活用できるようになるには、実際に活用するしかありません。

日頃から読み書きだけではなく、リスニングやスピーキングの練習も取り組んだバランスの良い勉強を心がけてください。英語は読み、書き、リスニング、スピーキングがお互いに支えあって、成り立っています。スピーキングやリスニングの勉強もすることで、読み書きもびっくりするほど伸びるかもしれません。

5.英語は難しいと考えること

むずかしい!

「英語って難しい」誰もが口にした言葉だと思います。しかし、英語は難しいという先入観を持って勉強を始めると、勉強がなかなかうまくいかないことがよくあります。英語勉強において唯一の敵は自分です。限界点を制限するのは自分であり、頑張るかどうかも自分次第です。英語は難しいという考えが英語勉強の壁になってしまっているかもしれません。

英語を実際に勉強していて、難しいと感じることはよくあると思います。しかし、時間をかけて努力さえすれば、いつかは必ず理解できるようになります。英語の勉強には必ずポジティブな態度で向き合うようにしてください。

英語は何のために勉強をするのか?

英語の勉強で最も大きなモチベーションとなるのが、自分が英語を勉強している目的です。自分は何のために英語を勉強しているかを常に意識することで、少しずつ理想の勉強法に近づけていくことができます。

ほとんどの人が英語を実際に活用するために勉強しています。活用には会話以外にもメールのやり取りやテストなどと、様々な形があります。しかし、どんな形にせよ、自分の今の勉強が活用できるようになることにつながるかということを常に自問自答してください。

まとめ

英語はたくさんの正しい勉強法があります。しかし、避けるべきこともたくさんあります。自分の成長と目標を常に頭に置き、自分で自分の勉強法が良いかどうかを見極めることが非常に大切です。ここで紹介したポイントを参考に、自分の勉強法を見直してみてください。

映画を見ながら学習するのもオススメです