映画館で今は3D映画はたくさん製作されています。専用のメガネをかけて観るとスクリーンから飛び出て観る事が出来る映画の事です。最近話題になっているのは4DXと言われる映画です。3D映画と4DX映画を比較してどの様に進化しているのか、紹介します。

映画館で観る事の出来る3Dとは?

3D映画は先ほども触れましたが、専用のメガネをかけて観る事でスクリーンから立体的に観る事が出来るのが3D映画です。専用メガネは正しいかどうか不明ですが、映画館によって使用できない様になっていると言われています。

それは、感覚の問題ではあると思われるのですが、映画館が保証しているメガネを使わないと何かあった時には保証しませんと言われると思いますので、メガネはその映画館で保証されているものにしましょう。

それでは、3D映画の概要を紹介しましょう。

3Dの概要

簡単に言えばメガネをかける事により、平面の映画が立体で観えるのが3D映画です。右目用と左目用の映像を同時に撮影し、映写機でスクリーンに映し出し専用メガネをかける事により立体に観える画像の事を3D映画と言います。

3D映画のメリットは迫りくる臨場感や奥行きのある画像です。メリットもありますがデメリットもあります。一番に挙げられるデメリットは目が疲れる事です、その他に画面が暗い、観るものによっては酔う、メガネが邪魔と色々な意見があります。

しかし、この映画は3Dで観るのが良いと言われる映画もあります。2D派の人達からは3D映画はあまり良い話は出てきませんが、3Dの魅力も多くあるので皆さんはどちらを選択するのでしょうか。

映画館で観る事が出来る4DXとは?

最近話題になっているのが、4DXと言われるものです。集客の多い大手映画館は最新システムに後れを取らないために導入をしています。では4DXとはどの様なものでしょうか、4DXの概要を紹介します。

4DXの概要

簡単に説明すると、3D効果に動きや環境の変化が加わったもと思えばいいと思います。動きは、座席が上下左右に映画の画面に合わせて動きます。環境は風、雨、香り、雪、煙などが環境にあたります。この効果を映画のシーンに合わせて組み合わせて体感も感じるのが4DXです。

このシステムは、韓国で発案されたシステムで世界的に広がりました。米国でも対抗して発案されたシステムがMX4Dと言います。どちらも同じような効果が加わったシステムです。

座席が動くとかけているメガネは外れないと思われますが、問題ありません。メガネにゴム紐がついているメガネも用意されているのでメガネが外れる心配はないです。
この映画を観る時には注意が必要です、アトラクションの様に座席が動きますので首や腰に障害のある方は観る事が出来ません。

3Dと4DXの違いと比較

3Dと4DXの違いは座席が動くか、動かないか、そして環境の変化があるか無いかの違いになります。

では、3Dと4DXを比較してみましょう。違いは先程説明しました。3D映画も4DX映画も同様に立体映像です、3Dと比較して立体映像に動きと環境の変化が加わったことにより、よりリアルに、より感覚的に3D映画より進化した映画が4DXです。

大きな違いはなに?

大きな違いは、やはり、体感と環境の変化です。3Dは立体映像で2Dより飛び出た感覚を感じるので、2Dと違った感覚で観る事が出来ます。4DXは映画の映像が上下に動いていれば、その映像に同期して座席が上下に動きます。映像に風が吹いているシーンでは座席の前方にある装置から風が吹いてきます。映像の中にいるようなリアルな感覚と立体映像との相乗効果で3Dとは比べ物にならないほどのリアルな臨場感を味わえます。

最新の4DXのメリットとデメリット

4DXがどのようなものか説明してきました。今までの映画館で映画を観るのとは、まったく別ものだということもわかっていただいたと思います。次に4DXのメリットとデメリットを説明します。

4DXのメリット

  • ① 身体全体で楽しめる。
  • ② 子供は喜ぶ。
  • ③ ホラー映画なら恐怖倍増。
  • ④ 飽きさせない。
  • ⑤ 寝させない。

上記のようなメリットがあります、そして子供には思い出になると思います。楽しい映画だったと。

4DXのデメリット

  • ① 料金が高い。
  • ② うっとうしい演出。
  • ③ 飲食物は飲みにくい、食べにくい。
  • ④ 座席の下に荷物が置けない。
  • ⑤ トイレに行きにくい。
  • ⑥ 寒くなる。
  • ⑦ 全員が利用できない。

上記のようなデメリットがあります。楽しい、面白い映画のはずが、デメリットで面白さが少しなくなるのは残念なことです。どのようなものでも良いところと悪いところはあります、デメリットは許容範囲と思って楽しんでもらいたいと思います。

3Dから4DXに映画館は進化し続けている

どうでしたでしょうか。これから映画館もどんどん進化していきます。最安値の映画館でもこの4DXは体験できますが、最安値料金+4DX料金がかかります。映画館も値崩れしている中、このようなシステムを導入することで値崩れを防止しているのでしょうか。
映画館はこれからも、集客力を向上させるために色んなシステムが開発され、やがて4DXも価格や安くなり、新しいシステムが開発され進化を続けていくでしょう。今後の進化に期待しましょう。

こちらもオススメです