映画産業はどこの国が盛んなのでしょうか?世界各国で映画産業は盛んになりかけています。特に、先進国ではない国で映画の製作が盛んになってきました。映画産業といえばアメリカやフランス、そして日本と有名な国はあります。映画産業の各国の現状を紹介していきます。

映画製作が盛んな国は?

映画産業が盛んな国は世界的によく知れているのはアメリカやカナダです。豊かな国で娯楽にお金をかけられる国が盛んなのはわかります。アメリカ、フランス、日本などはまさに、そのような国になるのです。

製作本数では圧倒的にインド!

映画の製作本数では、映画産業が盛んと思えないような国が上位にいます。それはインドなのです、インドはアメリカなどの国に比べて製作本数では圧倒的な本数を製作しています。その映画製作本数の多さの理由は意外なところにあります。

インドはなぜ製作本数が1位?

インドの製作本数が多い理由は、実は数の数え方にあるのです。一つの作品が出来上がります、それの言語がヒンディー語だったとします。インドにはそれ以外の言語が知られているだけで、少なくても20種類以上の言語があります。

映画をヒンディー語だったとします、次に英語の言語で吹き替え版を製作すると、その英語吹き替え版も1件とカウントされます。一つの映画を製作し、3種類の言語に吹き替え製作されると3本とカウントされるために本数が増えていくのです。

インド映画の本数が多いという理由が、この言語の吹き替え本数もカウントされていることで本数が多い国とされているのです。

製作本数では日本は何位?

2019年に作成されたデータは2017年のデータを使用しているので、現在は違っている可能性がありますがこのデータを利用して説明したいと思います。

1位はもちろん先程説明しました、インドになります。日本はどうかというと、4位になります。盛んだと思われているアメリカはどうでしょうか。アメリカは製作本数では3位になります。

それどれの製作本数を見ると1位はインドで1,986本、2位は中国で874本、3位はアメリカで660本、4位は日本で594本になります。映画産業が盛んだと思われていた国が上位ではないということがこれでわかっていいただいたと思います。

映画の市場規模でいえば?

製作本数では、インドでした。市場規模で考えれば、どう変化するのでしょうか。市場規模と製作本数は別物です。製作が多くされていても、市場規模がなければ製作しても見る人がいなければ意味がありません。市場規模での状況を紹介します。

市場規模ではなぜ1位はアメリカ?

アメリカは世界一映画館数が多く、スクリーン数は40,000を超えます。これだけあれば市場規模は1位になるのもわかります。料金に関しても日本の半額以下です、そしてアメリカ映画は世界でもファンがたくさんいます。

巨額の予算を投じた壮大なスケールの作品が多いことが特徴です。明るく、分かりやすいストーリー構成になっているのも人気の理由です。

日本は市場規模でいえば何位?

日本は3位です、有名な作品が多く製作されています。人口に比例して市場規模ではアメリカに負けるのは当然のことです。

では、2位の国はどこでしょう。先程にも触れましたが人口の多い国と言えば中国です、市場規模でいえば2位は中国になります。4位はイギリス、5位はフランスになります。市場規模はやはり先進国で人口が多いところになるのでしょうか。

映画の製作本数と市場規模を比較すればどちらが盛んと判断できる?

映画の製作本数と市場規模を比較すれば、どちらが盛んとはんだんできるのでしょうか。これからは、その比較をしながら盛んなのか紹介します。

市場規模で考えると

市場規模で考えると、市場の規模が大きいと売り上げがあり盛んなように感じるが、その判断でいいのでしょうか。確かに売り上げがあがると多くの資金が製作会社に入り次の映画の製作ができるメリットを生み出します。

しかし、市場規模の多い1位のアメリカは製作本数では3位になります。ほかの国からの映画の流入があります、ですから製作本数が少なくても見る映画が多くあるので、製作本数が少なくても問題ないと判断できます。

製作本数で考えると

映画の製作本数は先程にも触れましたが一部からくりがあり正確には盛んであると判断できないものもあります。

製作本数の一番多いインドでは、映画館の入場者数でみればこれも1位を獲得しています。このようなことから判断してどちらが盛んだと判断したら良いのでしょうか。

入場者数も盛んとしての判断材料にはなります。しかし、このことが大きく世界的に取り上げられていないのです。

まとめ

市場規模で考えると映画産業としては盛んであると判断! 映画産業は衰退しているとの噂もありますが、まだまだそこまでは衰退しておらず盛んなところでは、映画産業は衰退していません。 まとめると、映画産業は何を指標にして盛んであると判断したらいいのか。 やはり、市場規模と判断したいと思います。なぜなら、映画を見る人がどれぐらいいて、その映画がどれだけの興行収入を上げているのかで次の製作に影響を与えるからです。 インドの例をとっても製作本数では1位ですが、そのインド映画を世界でどれだけの人が見ているのでしょうか。このようなことから、市場規模で盛んと判断していいのではないでしょうか。

こちらもおすすめです